スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
【スネーク】ジャーナリストが謝罪に訪れた人物の本名と写真をブログで晒す★5【報告】
灰色帽子氏


今日の戸塚散歩の報告


散歩コースの終点地点を楽しみに遠くから観察。
有名な散歩コースだったのか、いろんな人がいると報告


ワゴンに同じ散歩目的の人がいると情報が入り確認するも
2台確認、「色は?」と聞いたが返事無し
両方とも無人


次におばあちゃん探せと報告入るも、おばあちゃん大杉wwwww
オレンジの建物無し



38 名無しです


ピンポンダッシュ行ってきた。
しかし流れ早いな



藤沢氏


とりあえず買物途中のネカフェで携帯充電しながらカキコしてます。
レスはさらっとしか読んでいませんが、灰色氏も居るみたいですね。



藤沢氏


とりあえずレポです。


2回目にタクシーの車庫付近に居ると
カキコした後に灰色氏と遭遇してました。
ただ、確証がなかったので声も掛けれず。
そのまま憶測で現地に向かうも案の定、
違う場所へ迷い込んでしまいました。
その後は坂を上がったり下がったりと散々迷った挙句、
自販機の所にたどり着きました。


そこで再び灰色氏に出くわしましたが、
なかなか目が合わず灰色氏の周りを3往復しました。
携帯でスレを確認すると、
たまたま灰色氏の「自販機の所にいる」というレスが
目に飛び込んできたので、
満を持して声を掛け、
無事に合流することができました。
その後、灰色氏の案内で彼の家へ向かいました。


家の付近に行くとピザ屋のバイクが!!
ビックリしてちょっと及び腰になったしまいましたが、
灰色氏がその家を通り越してスタスタと歩いていったので一安心w
そしてようやく彼の家に到着しました。


感想としては当たり前ですが、
ごく普通の住宅街にあるごく普通の家でした。



灰色帽子氏


最終目的地付近は虫が鳴いたり
木が生い茂り、かなり静かでした。


真っ暗です。
何件か同じ家があり、分譲地?
ぽかった場所へ行ってみました。
一回目通過したときは、
真っ暗でしたし玄関灯も点いていない状況だったので、
だれもこの付近にはいないんだなぁ。
とちょっと怖かったですよ?


でも車はあったので、
もし何かあったら、
出てきてくれると思ってます。


まだ 続く・・・・・・・・・


(文章下手でスマソス。ごまかしけれてない)



藤沢氏


家も確認し、やることもなくなったので灰色氏と駅へ。
帰る途中に道を確認しましたが、
戸塚駅へと向かう道は交通量もけっこうあり、
件の江ノ電バスも走っていました。
この道が事件現場かどうかは分かりませんが、
交通量の割には道幅が狭く、
ガードレールで車道と仕切られた歩道に至っては
人一人が通るのがやっとで、
通行人同士がすれ違うには
体を90度反らさなければならない程でした。


車道はバスと自転車が並んで走るにはちょっとの余裕しかなく、
自転車が少しでも中央に寄って走っていたら
バスは反対車線にハミ出さざるを得ないと思われます。
ただし、ガードレールは等間隔で設置されていて
その間にはガードレール空白地帯もあるので、
車道を走ってた自転車に逃げ道が無い訳でもありません。
個人的な見解になります、
車道を走っていて大型車にクラクションを鳴らされたのであれば、
道の状況からいって自転車が一時的に歩道に逃げて
道を譲るのが妥当かと思われます。


その後、
灰色氏と駅付近の自販機のジュースで祝杯を挙げて解散しました。



38 名無しです


暗くて見にくいですがRX-8撮ってきますた。


藤沢氏


文章書くのが苦手なので意味不明な点があったらスマンです。
あと、画像も撮ってません。重ね重ねスマンです。


この手のOFFは初めてだったのですが、なかなか楽しかったですw
もっと携帯とかを駆使できる人間だったら数倍楽しめ、楽しませる事ができたのでしょうが、、、。


灰色氏、皆様、乙でした。
家に帰ったらちゃんとスレット読み返します。
それでは名無しに戻ります ノシ
スポンサーサイト
【2005/10/02 23:57 】 | ν速(地味) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<【山猫氏】ジャーナリストが謝罪に訪れた人物の本名と写真をブログで晒す★6【GJ!!!】 | ホーム | 【スネーク】ジャーナリストが謝罪に訪れた人物の本名と写真をブログで晒す★4【集結】>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。